2018年2月16日 (金)

京阪電車でプレミアムなひととき

 昨年に引き続き、今年も関西方面に良く行く機会が出てきました。
 今週はというと、大阪⇔京都と何回か往復する用事がありましたので、JRのみでなく阪急や京阪にひさびさに乗れる!!という、ふつうな“お鉄”の旅を堪能することになり、以前から気になっておりました京阪電車の特急に連結されています「プレミアムカ―」に乗車してきました。※スマホの画像で一部にピンボケがありますので、御了承ください。
1802161_2
▲このような広告をみてしまうと、乗らずにはいられなくなるというのが“お鉄”の哀しい性(さが)ですね~
1802162
1802163
▲淀屋橋駅での乗車口。プレミアムカーは6号車に連結され、他の車両とは違った塗装が目立つ外観。
1802164
▲車内は、豪華な3列シートで専属アテンダントも乗務し、無料Wi-Fi完備にてコンセントが各座席にあり、スマホ用充電器も無料貸し出他…という至れり尽くせりプレミアムなサービスが充実しています。
1802165
▲座ったのは1人用シート。広いリクライニングシートで快適そのもの。乗車料金のほか特別料金500円が別途必要ですが、極上なひとときを楽しめるのでお得感は、かなりあります。
1802166
▲シート側面に付くプレミアムカーエンブレム。
1802167
▲出町柳駅に到着した特急。

 欲を言うと、これだけ豪華な車内ですが、乗車時間の関係もあり化粧室・洗面所・WC等が無いことがほんの少し残念というところでしょうか。
 約1時間30分ほどの乗車時間ですが、プレミアム感が楽しめた素晴らしい車両でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

熱い国に行った思い出

 寒い日々が続き、メタボな体形でも堪える日々が続いています。
 そんなとき、いまから約15年以上のむかし。年に2~3回は“常夏の国”インドネシアに通っていたことを思い出しました。
 目的はもちろん、製糖工場のナローなSLたちですが、それ以外にも文化や食事、車に建物と雑貨類(とくに玩具!!)などの異国の珍しいものに興味をひかれました。
01
▲あちらの焼きそば…「ミーゴレン」という定番料理。意外にホテルなどよりも街中にあるすこしきたな…そうなお店の方が美味しい場合が多々ありました
02
▲ジャカルタ市内のショッピングセンター内の玩具売り場にて。おもちゃ鉄道の宝の山に興奮したり
03
▲大きな鉄道系玩具ですが、いろいろと問題がありそうなモノ(^_^;)だったり
041
042
▲たまたま立ち寄った木工品店で見つけた木製のアメリカン風SL。すこし変なところもありますが、ロッド類(逆転機)が動くギミックでした
05
▲ジャカルタ・コタ駅に行った理由は
060103
▲まだインドネシアに行ったばかりの頃の元都営6000系を見るためでした。2001年8月
07
▲ソロ駅構内はずれで見つけた三軸貨車
051802080108
▲でも、やはり目が行くのが“せんろ”です。インドネシア国鉄は軌間1067mmですが、この頃はバックゲージなど日本とは違ってました
080208
▲スンボロ製糖工場のコッペル製の無火機関車2号機。軌間700mmにて1928年製造。2001年8月
090208
▲かなり大改造されていますが、スラギ製糖工場の15号機は1900年製のドコービル。2002年8月
100208
▲スンボロ製糖工場の機関庫内には、休車・廃車になったSLたちが詰め込まれていました。2001年8月

 寒さしのぎで、いろいろと“アツい国”を思い出してみましたが、インドネシア・ジャワ島の製糖工場SLを求めて通っていた頃は、撮影だけではなく別の目的もありました。機会があれば、またいつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

2018.02.02近況

今年は寒い日々が続きますね。
わが街、日光市足尾町も例年以上の寒さに震えております。
そんななか、ボランティア先のNPO法人足尾歴史館は、冬季休館中なのですが、機械的なセキュリティーシステムの他に、ご近所の方々や当方含めたボランティアメンバーによる“人的”な監視は日々続いております。
1802021

1802022
▲イケメンな湘南顔のニチユ10t電気機関車も雪でこのようになっています…

以前にもお伝えしましたが、ニチユ(現在は三菱ロジスネクスト)製造の湘南顔をした10tの電気機関車が近年、模型化されました。

鑛鉄道
「HOナロー 9mm 八茎鉱山の湘南顔 10t EL」
http://nak6991.at.webry.info/201801/article_7.html



ペアーハンズさんからは
「鉱山用湘南顔ELキット」として
Oナロー9mmゲージシリーズが新発売されました
http://pairhands.c.ooco.jp/

いままで、マイナー扱いされてきました鉱山鉄道にも、少しずつでも光がさしてきた気がして嬉しいかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

感謝と少し補足:ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑

17122001

昨年末に発行されました「ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑」おかげさまで、多くの方々のブログやTwitterに取り上げて頂きまして、感謝申し上げます。
http://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=17&Page=1&ID=4078
お高い本でまことに申し訳ありませんが、多くの情報をかなり濃く圧縮してまとめました。皆様からのご支持によって、このシリーズは続く予定です。どうか、引き続きよろしくお願い申し上げます。

さて…
ブログやTwitterで取り上げて頂きましたなかに、質問のような部分を見つけましたので、当ブログにて解説いたします。

まず、本書P22にて取り上げました日本初のトロリーバス(無軌条電車)ですが、ニチユの前身になる「日本輸送機製作所」が製造した以上のことは触れませんでした。これについては

(株)電気車研究会 1994(平成6)年発行
吉川文夫著【日本のトロリーバス】

に詳しく書かれておりますので、探してご参考ください。

また、動態保存運転中の「湯ノ口温泉トロッコ電車」で有名な“紀州鉱山”の蓄電池機関車関係ですが、こちらも最近になりまして素晴らしい本が発売されましたので詳しい解説などは割愛させて頂きました。

(株)ネコ・パブリッシング発行 RMライブラリーNo212
名取紀之著【紀州鉱山専用軌道】
http://rail.hobidas.com/bogie/archives/2017/03/post_68.html

以上、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年2018(平成30)年

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

18010101
▲いまから30年前のお正月に訪れた四国は
高知の四国鉱発白木谷鉱業所にて。
ささやかな正月飾りが取り付けられていました。
日本車輛製のUDLこと12tDL。

今年も、いろいろとおこしますね。

おまけ…

●Youtubeにて動画公開!!●

当方のボランティア先であります
NPO法人足尾歴史館トロッコ部
(旧けいてつ協会)にて昨年の11月
4・5日にて開催されました
ナローゲージ機関車大走行の模様です。

≪足尾歴史館動態保存車両紹介 ≫
https://www.youtube.com/watch?v=Kz6P3Ql04HU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

2017年 今年もありがとうございました

今年もいろいろとありました。

17123101
▲偶然見つけた水力発電所のインクライン
17123102
▲久々の台湾行で立ち寄った台北市内の遊園地「兒童新樂園」
で見かけた電動ライドは、どうみても100系新幹線
17123103
▲オリジナル塗装を施した“湘南顔”の元八茎鉱山のニチユ10t電気機関車
保存されている足尾歴史館は冬季休館に入りました

来年も、よろしくお願い申し上げます。
みなさま、良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

イカロス出版蒸気機関車EX Vol.31【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】連載19回

17122501
イカロス出版発行の季刊誌
蒸気機関車EX31では、
【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】
という連載記事を担当させて頂いております。

今回は、

「650号機の動態復活と台湾に還った蒸機たち(前編)」

というタイトルにて、台日鐵道交流促進協會の伊藤一己会長
と共に、日本にやってきた後、諸般の事情からやむなく放置
されたり、保存困難となった元台糖のSLたちの帰還活動の
第一回目として、650号というコッペル機についてのお話です。
17122502
▲宮城県の蔵王から引き揚げ、一時的に置かれていた
栃木県塩谷町のバリヤフリー鉄道農園「風だより」にて
17122503
▲台湾の嘉義県政府によって見事に動態復活して、
その記念式典が今年の11月11日におこなわれた。


詳しくは蒸気機関車EX31をご参考ください。
http://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=15&Page=1&ID=4085






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑

17122001
 既に、お伝えしておりますが
 イカロス出版発行「ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑」
が発売となりました。
 世界的トップクラスの総合物流機器メーカーである
三菱ロジスネクスト株式会社
(旧日本輸送機株式会社・通称:ニチユ)。
 かつては蓄電池・電気・内燃機関車
などの産業用鉄道向けの機関車メーカーとして鉄道業
界では知られていた存在でした。今回、同社の全面
協力によってメーカー公式写真含む約500点以上と
約200点以上に大量な秘蔵資料の数々を駆使し、いまま
でレイルファンにもあまり知られていなかった“ニチユ”
の機関車たちの全貌を解説しました。
 また、同社OBの協力により、いままで製造してきた
機関車たちの知られざる全容を解き明かし、前回と同様
に全国各地のさまざまな産業用鉄道を巡り、長年にわた
って調査・研究されてきたスペシャリスト2名の参加に
より、とくに充実した内容の内燃機関車編と、機関車
台帳資料編は圧巻です。いままでその全体像があまり知
られていなかった“ニチユ”製造の機関車たちの未発表
写真・資料を多数収録した完全保存版、ファン必携の
一冊であることは間違いありません!!。
 本書は、2014年11月に発行された「加藤製作所機関車
図鑑」の公式な続巻です。
Bl2f
▲続々と製造されるBL2tF型/写真:三菱ロジスネクスト
El8
▲まごうことなき“湘南顔”の奥多摩工業向けEL8t/写真:三菱ロジスネクスト
Dl10
▲なんとも素晴らしい情景なのは日通茨木営業所のDL10t

多くの皆様にご購入頂ければ、このシリーズは
続きますので、よろしくお願い申し上げます。

http://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=17&Page=1&ID=4078

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

速報!!ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑が、いよいよ発売になります。

イカロス出版にて 201411月に発行された
加藤製作所機関車図鑑の公式な続巻として
「ニチユ(日本輸送機)機関車図鑑」
が、12月14日に発売となります。
構想30年、製作期間3年にて、
三菱ロジスネクスト株式会社の
全面協力にて実現した、当方悲願の本です。
Bl15
▲興国運輸向けの15tBL
El16
▲太平洋炭礦向け16tEL
Dl20
▲ソ連向けDL。本社工場前にて撮影。後ろを通過
するのは東海道本線のEH10

Bcl55
▲大林組向け5.5t蓄電池の自走式クレーン車

など、今まで見たことのない写真ばかりの書籍です。
もちろん前巻同様に、組立図なども数多く掲載して
います。

詳しくは下記をご参考ください。
http://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=1&tidx=0&Page=1&ID=4078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

足尾駅のイルミネーション2017

当方のボランティア先であります
NPO法人足尾歴史館・トロッコ部チーム
が毎年参加しております
 「わたらせ渓谷鐵道各駅イルミネーション」
             が今年も始まりました。
担当しているのは、もちろん足尾駅です。
17120501
▲毎年、イルミネーション装飾されるキハ35
17120502
▲駅名盤もこのように光ってます
17120503
▲こちらも毎年恒例の電飾イラスト。来年は“戌年 ”ですね
17120504
▲足尾町という電飾。♨みたいな温かみのある色です
17120505
▲キハ35の中にはトナカイとサンタクロースが!!
17120506
▲駅舎の待合室内には、さらに驚く?モノが設置されてます。

このイルミネーションは、来年2018年の2月28日まで、
わたらせ渓谷鐵道の各駅で開催されています。
ぜひとも、わたらせ渓谷鐵道でお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イカロス出版 Jトレイン Vol.68【消散軌道風景 】第47回