2017年6月20日 (火)

イカロス出版蒸気機関車EX Vol.29【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】連載17回

1706201

イカロス出版発行の季刊誌
蒸気機関車EX29では、
【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】
という連載記事を担当させて頂いております。
今回は、わたしの住む地元(栃木県日光市内)の話…

「 初!!鬼怒川温泉に
         C11がやってきた記念?
              沿線の知られざる鉄なスポット案内」

としてご案内してます。

1706202_4
▲5月14日におこなわれた試運転での
鬼怒川温泉駅前のターンテーブルにて
方向転換の様子

1706203
▲東武ワールドスクウェア内で走る!!1/25サイズの
大型鉄道模型のスペーシア

1706204
▲もうすぐ引退する東武ワールドスクウェア内の
大型鉄道模型東武鉄道5号蒸気機関車
が牽引する貨物列車。
近々、C11-207の大樹に置き換わるという。

1706205
▲車いすでも乗車可能な!栃木県塩谷町にある
バリアフリー鉄道農園「風だより」の電動ミニSL

1706206
▲なんでも美味「風だより」でも一押しは
ふわとろオムライス(●゚∀゚●)

1706207
▲店内ところ狭しと、サボが展示されたり、
たくさんの鉄道グッズが展示されている
「日光けっこう漬 森友バイパス店」

1706208
▲店内の鉄道関係品もさることながら、
お店の外には“本物の鉄道車両が保存展示”されています。

詳しくは、イカロス出版 蒸気機関車EX Vol.29をご購入頂ければ幸いですm(_ _)m
https://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=15&Page=1&ID=3950



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

むかし撮った記録1991.07

まだ、とある本の仕事で戦時体制?ですが
久々に昔の記録をアップします。

母方の田舎が、新潟県にあるので
行くと、よく鉄ちゃん旅していましたが、
物心がつく頃には越後交通はすでに無く
なんとか間に合ったのは新潟交通でした。
でも結局は、終わり頃に電車線を訪ねる
ことになり、もっと行っておけばよかった…
と、今になれば後悔しきりです。
1706141
1706144
1706142
1706143

| | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

2017.06.02近況

ただいま、久々に本の仕事をしており、時間がありません。
が、取り急ぎ近況報告です。
本当に、久しぶりに北海道に行ってきました!!
美味しいものを食べまくり…とは行きませんでしたが、
ボランティアと仕事を兼ねて急ぎ足で廻ってきました。
※下記画像は、いま作っている本とはあまり関係ありません。
1706021
▲百合が原公園のリリートレイン
1706022
▲三笠鉄道村の駐車場に集められた静態保存の
軌間610mmの炭鉱鉄道&トロッコたち
1706023
▲かみすながわ炭鉱館前にあるBLや鋼製炭車に三井三池製のEL
1706024
▲リニューアルされて、素朴さがなくなった?
北海道こどもの国のトロッコ
1706025
▲4度目の訪問となる北海道開拓の村
1馬力機関車が活躍する馬車鉄道


時間があれば、
簡易軌道の保存車めぐりもしたかったと(T_T)

| | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

イカロス出版 Jトレイン Vol.66【消散軌道風景 】第45回

1705221
 イカロス出版発行の季刊誌Jトレインにて、
【消散軌道風景 】というページを連載記事を
担当させて頂いておりますが、今回から
2回にわけて、工事鉄道の特集をします。

題して
“第46回工事鉄道淀川改修の軌道前編”

●P181~185消散軌道風景●

国土交通省 淀川資料館の深いご理解と
協力。また、御厨 潔・窪 友里・舛本成行
(敬称略・順不同)のご協力にて、本邦初公開
となる画像の数々をご紹介します。

下記は見本画像
1705222_2
▲末期の頃の淀川改修工事軌道の様子。画像は
イギリスはナスミス・ウィルソン社製軌間1067mm
20トンC型タンク式蒸気機関車。
淀20S1
昭和31年2月/所蔵:舛本成行



詳しいことを知りたい方は、
イカロス出版JトレインVol.66を
ご購入頂ければ幸いですm(_ _)m
https://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=13&Page=1&ID=3916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

続き 「明延鉱山の一円電車」発行のお知らせ

2017(平成29)年5月12日 (金)のブログにて告知いたしました
養父市教育委員会発行の「明延鉱山の一円電車」という冊子
ですが、群馬県は東武鉄道小泉線の竜舞駅前にあります
鉄道模型の店「ペアーハンズ」さんで、
店頭販売されるという情報が入りました。
関東では唯一となりますので、お手に取って購入したい方は
ぜひ、訪ねて行ってみてください。
http://pairhands.c.ooco.jp/

※最近、本物!!の蓄電池機関車の動態保存を始めたという
ユニークなお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

続:2016年9月の最近のお仕事・・・

昨年の9月にお知らせしました機関車の続報です。

中古三菱製35tディーゼル機を、タイ王国の鉄道関連会社
向けに、有限会社ビーンズ・プロダクツ殿を経由しまして
輸出のお手伝いをさせて頂きました。
1705141
▲軌間1067mmから現地工場で軌間1000mmに改軌され
元気に活躍している画像が届きました。
再び第二の職場で復活し、活躍している彼(機関車)を見ると
感無量です
1705142
▲同じ時に海を越え、タイ王国に渡った45tDLも、第二の職場で
復活し、活躍しています。


機械ですが、機関車も走れる限りは走りたいと思って
(機関車としての仕事を全うして…)
いると信じて、今後も不要になった鉄道車両たちの
第二の活躍場所を探していきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

「明延鉱山の一円電車」発行のお知らせ

 わたしのライフワークであります
明延鉱山と鉱山鉄道~一円電車~の研究ですが
ここに新たな一冊が上梓できましたので、御報告
いたします。
1705111

「明延鉱山の一円電車」
日本最大の錫鉱山・東洋一の神子畑選鉱場
2017(平成29)年3月発行
養父市教育委員会発行
岡本憲之著

A4判フルカラー
56ページ。
問い合わせ先
養父市教委社会教育課
TEL:079-664-1628
窓口での販売は
養父市立あけのべ自然学校
養父市大屋地域局、
養父市立八鹿公民会
と一円電車の運行日(体験乗車前)

通信販売は
養父市立 あけのべ自然学校 まで
http://www.fureai-net.tv/akenobesizen/
TEL:079-668-0258
定価¥700 (税込)+送料・梱包手数料\300
合計=\1,000

いまから、五年前の2012(平成24)年に神戸新聞総合出版
センターから発行いたしました「一円電車と明延鉱山
~ヤマのトロッコ鉄道物語~」の圧縮・再編集版となり
ますが、今回の注目点は

・文章を大幅改訂圧縮
・画像もいろいろと差替え
・一番の売り
しろがね号・あかがね号・くろがね号の詳細図面あり!!
・後半部分は新しく書き起こした部分あり

となります。
なお、追記としまして

一円電車記念切手も発売中です。
 販売価格1.500円+送料・手数料200円=1,700円
定価¥1500 (税込)+送料・梱包手数料\200
合計=\1,700(税込)
通販問合せは同じく養父市立 あけのべ自然学校まで

※売上金は、復活運行しています一円電車・明延線の
NPO法人一円電車あけのべの運営資金となります。

※せんろ商会では取扱いしておりません。御了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

お知らせ“トロッコ列車三昧の旅”

来年の栃木ディスティネーションキャンペーンの前の
プレとして・・・
日本唯一!!トロッコ列車三昧の旅を企画しました。

詳しくは、足尾歴史館のブログをご参照ください。

http://ashiorekishikan.com/archives/3282

恥かしながら、せんろ商会が主催となっております。
<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

足尾駅の保存車両公開と連休のガソリンカー

ボランティアとして参加していますNPO法人足尾歴史館
今年の足尾駅保存車両公開のチラシが届きましたので
皆様に告知します。
1704261_2


と、連休中の足尾歴史館でのガソリンカー臨時運行の
告知も来ましたので、お知らせします。
5/3(水)~5/6(土)までとのことです。

1704262
▲ミニガソリンカー(手前)とガソリンカー(右奥)


足尾歴史館
http://ashiorekishikan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

今年の一円電車

1704181
わたしの原点…
ともいうべき場所が兵庫県養父市大屋町にあります。
それは、世界有数のすず鉱山として栄えた明延鉱山です。
そこに走っていました“一円電車”が、近年になり保存運転
が始まったのはご存じの通り。
今年は、将来の助っ人機関車としてナローゲージ界?
でも一円電車と共に有名な、立山砂防工事専用軌道から、
5トンの北陸重機工業製DLが軌間610→762mmに改軌工事
され、新たに一円電車の保存運転線にやってきたようです。

その模様など、産経WESTにて掲載されました。

クレーンで登場 ディーゼル機関車
http://www.sankei.com/west/news/170401/wst1704010047-n1.html

今年の一円電車運行スタート 養父・旧明延鉱山
http://www.sankei.com/photo/story/news/170410/sty1704100009-n1.html

この保存運転線は一円電車・明延線というもので
地域の住民と、行政が一体となって、
ひじょうに良い状況で、活動している保存鉄道です。
他の保存鉄道と比べても、かなりレベルが高い
動態保存一円電車ですが、それを知らない方々
(知りたくもない)も居て、少々残念です。
いま、保存運転線の距離は約70mと短いですが、
将来的にはもっと長い線路を予定しているとのことで、
新しく加わった5トンDLも含めた活躍が期待されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«泉北ライナーに乗車して