2018年4月14日 (土)

NPO法人足尾歴史館トロッコ部からのお知らせ

当方がボランティアしております、NPO法人足尾歴史館・トロッコ部からのお知らせとなります。
足尾駅保存車両の一般公開が5月5日となります。
http://ashiorekishikan.com/archives/3382
01_2
03_4

また、足尾歴史館では、ガソリンカー(足尾ガソリン軌道歴史館線)が5月3~6日に臨時運行され、通常は非公開の機関車たちが展示されます。
http://ashiorekishikan.com/
Photo
Photo_3

ぜひ、お越しくださいませ。
!!連休中は、わたらせ渓谷鐵道か日光市営バスでの移動がたいへん便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

4月10日より一部商品の価格が変わりました

 先日、予告しました通り、まことに断腸の思いながら、一部の取り扱い商品につきまして、価格を改定いたしました。
 なお、一部の商品は従来よりやや価格が下がりました。
 以上、重ね重ねご理解頂きますよう、お願い申し上げます。
http://senro.na.coocan.jp/actual1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

速報:野辺山SLランドが8/31で閉園

18040301
 1986(昭和61)年にオープンした、長野県の南牧村にある「野辺山SLランド」は、美しい高原地帯にあるミニ遊園地として親しまれてきた一方で、日本一高いところを走る動態保存SLがあることでも有名な施設です。
 30年以上もの歴史がある同園ですが、悲しいことに今年の8月31日を持って閉園すると「野辺山SLランド」から連絡を頂きました。
 取り急ぎ第一報と、閉園に際して長年に渡ってお世話になって来ましたせんろ商会として、できるかぎりの協力をしたいと考えております。
 なにか決まりましたら、当ブログなどでお知らせします。

野辺山SLランドHP
http://www.ytg.janis.or.jp/~slland/
※今年は4月25日オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一部商品の価格改定につきまして

 近年の、原材料の高騰と共に製造コストの上昇により、まことに申し訳ありませんが、一部の取り扱い商品につきまして、価格を改定せざるを得ない状況となりました。
 なにとぞ、ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。
 ※改訂は4月10日からのとなります。
http://senro.na.coocan.jp/actual1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

旧太子駅施設内覧会に行ってきました

 1971(昭和46)年に廃止となった旧太子駅の施設が復元され、内覧会があり訪問してきました。詳しくはhttp://www.nakanojo-kanko.jp/rekishi/oshiekiato.shtml
1803311
▲見事に復元された太子駅舎
1803312
▲ホッパーも発掘!され、一部の線路も敷設されました
1803313
▲駅舎の中は資料館として、当時の写真や資料が展示中
1803314
▲群馬鉄山への索道の本物のゴンドラと鉱石も展示されています
1803315
▲いまにも列車がやってきそうですが…
1803316
▲ほんのわずかな距離ですが、ホッパーの中にも線路が復元されていました
1803317
▲いまから4年前の光景。草生し土に埋まったホッパーやプラットホーム。これから復元したというのは驚きです

これからの予定が気になりますが、まずは速報まで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

今年も一円電車走ります!!

 1803271_2
▲養父市にある動態保存運転線の一円電車・明延線。新しい蓄電池機関車はNo21。歴代の機関車の続番であり、牽引されているのは本物の一円電車「くろがね号」。動態保存車である。

 わたしの第二の故郷は、兵庫県養父市と朝来市にまたがって走っていた明延鉱山の一円電車のあった場所です。動態保存運転線があるのは養父市明延地区で、通称:一円電車・明延線という保存鉄道は、わずか約70mですが一円電車の復活運転が始まってから早い物で8年という年月が経ちました。昨年は、新しい仲間として立山砂防工事専用軌道から北陸重機工業製の5t機が改軌されて入線するという驚く展開に目が離せない状況です。

1803272
▲弊社のてトロ127形も乗り放題!

1803273
▲富山県の立山砂防工事専用軌道から改軌されやってきた北陸重機工業製の5t機は、デモ走行で一円電車の動く日に見れます。

1803274
▲明延地区最後の砦である小林酒店では、他では手に入らない一円電車グッズや銘酒「明延」など購入できます

1803275
1803276

http://www.yabu-kankou.jp/sightseeing/akenobe

ぜひ、行ってみて体験乗車してみてください<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

イカロス出版蒸気機関車EX Vol.32【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】連載20回

1803221
イカロス出版発行の季刊誌、蒸気機関車EX32では、【蒸気機関車もうひとつの楽しみ方】という連載記事を担当させて頂いております。

次回のつづきで、

「650号機の動態復活と台湾に還った蒸機たち(後編)」

というタイトルにて、650号機のほかも救済した台湾からのSLと、いまでも、日本国内に保存されている、麗しの国からやってきた蒸気機関車について触れました。
1803222
▲千葉県松戸市の鉄道愛好家から、台湾糖業文化協會へと寄贈されたベルギーはチュービッツ製357号機。2005年
1803223
▲レストランが閉鎖となり、その行く末がいま一番心配なレストランサンフローラの日車製535号機。2012年

今回は、日本に現存する台湾からの保存蒸気一覧表付きです
詳しくは蒸気機関車EX32をご参考ください。
https://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=15&Page=1&ID=4163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

続【速報】ラジオなお知らせ

お知らせしました通り「MBSラジオ「茶屋町ヤマヒロ会議」
http://www.mbs1179.com/cyk/
にお呼ばれして行ってきました。
詳しくは、同HPをご参考ください。
・・・お恥ずかしい(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

【速報】ラジオなお知らせ

不肖?岡本ですが、ラジオにお呼ばれしました

MBSラジオ「茶屋町ヤマヒロ会議」
http://www.mbs1179.com/cyk/
というラジオ番組ですが、こんどの
3月18日(日曜日)AM10:00~11:00
にて#204【マニアックすぎる鉄道会議】
にお誘い頂き、ニッチな鉄道の話を
することになりました。
お聞き頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

むかし撮った記録1990.03


1803051

▲初めてのレガートシート車は寝台特急なはでした。熊本駅にて。

 お金の無い学生時代(いまでも無いですが(^_^;)。安くに九州に入る手段として重宝したのがレガートシート車でした。最初に乗ったのは寝台特急なは号でしたが、座り心地が良かったと感じたのは長崎行きの寝台特急あかつき号のレガートシート車の方でしょうか。
 さて、改造直後で車内にすこし塗料の香り?がした寝台特急なは号のレガートシート車で降り立ったのは熊本駅でした。そこから普通列車で向かったのは久留米駅です。

1803052
▲たいへん有名な謎の放置ロコであった山下商店の深川造船所製と伝えられるBタンク。いまから10年以上前にとうとう消滅したらしいです。

 良く知られていた“放置SL”を見たあと行ったのは船小屋駅(現在は筑後船小屋駅)…

1803055
1803056
▲尋木建設の角鉄工所製の4tガソリン機関車。機関車は駅前に保存されていました。

 こちらも有名であった。船小屋駅前のた尋木建設で保存されていた軌間610mmの4tガソリン機関車です。所有会社を訪問し製造メーカーを聞くと、羽犬塚駅近くの角(すみ)鉄工所に作らせたとのことで、アポなしでこの後訪問しましたが、突然の訪問にも関わらず当時の同社社長に歓迎されたのは良い思い出です。聞けば、近くのラサ工業の工場で実験的に昭和20年代に米国製の電気溶接機を使わせてもらって台枠を製造したとか。作れない車輪等のパーツは加藤製作所などの機関車メーカーから修理部品を購入し応用。唯一無二のロコでしたが、所有している建設会社が倒産し、その後スクラップ業者の手に渡り残念ながら解体されました。
 余談ですが、この機関車を作った角鉄工所は、その昔に様々な機関車の修理をしていた会社で、山下商店にある放置状態の小型SLは修理不能となり捨てたものとの事も教えて頂きました。

おまけ画像
1803053
▲羽犬塚駅の裏手にあった九州燃料の工場で見つけた、トラバーサーとトロッコ
1803057
▲さらに近くには九州木材工業の防腐材工場では、ターンテーブルまであるトロッコを見つけました。かなり立派な軌道ですが、機関車は無くフォークリフト牽引でした。
1803054_2
▲羽犬塚駅構内で見つけた職員の手作りらしい特急ゆふいんの森の号パレード車?


 あれから早くも30年近く経ってしまいました。結局、SLも4tガソリン機関車も救えなかったのが今でも少し悔やんでます。

| | トラックバック (0)

«三菱ロジスネクスト株式会社より感謝状を授与されました