« 交通新聞社鉄道ダイヤ情報2017年3月号『平成の蒸気機関車たちを訪ねて』第28回 | トップページ | むかし撮った記録1996.05市倉ファーム »

2017年2月18日 (土)

むかし撮った記録1992.01

忙しい…と言いながら、更新しております今日この頃ですが
本日は、一円電車で有名な“明延鉱山”の閉山後に訪れた
時の写真です。

一円電車=明神電車軌道は軌間762mmでしたが、もともとは
生野銀山からの伝承?にて坑内やその他の軌道は、
軌間500mmでした。
※軌間508mmと言われているのは間違いです。

閉鎖となった坑内から引き揚げられた蓄電池機関車たちの
廃車体です。
1702181
1702182
▲立坑ケージで移動簡単なように作られた
日本輸送機(現在:ニチユ三菱フォークリフト)製
の2トン運転席折たたみ式蓄電池機関車
メーカー形式BL2-F-500の28号機
直接制御式です。切り抜きナンバーが明延
オリジナルではない書体なので、他の鉱山
からの転入車
※蓄電池箱無し

1702183
1702184
▲こちらは、同じ
日本輸送機(現在:ニチユ三菱フォークリフト)
の2トン運転席折たたみ式蓄電池機関車
ですが、間接制御式の重連運転仕様のタイプ。
切り抜きナンバーの書体が明延オリジナルな
ので、恐らく元々いた235号機
※蓄電池箱無し



詳しい事など、またいずれ…。

|

« 交通新聞社鉄道ダイヤ情報2017年3月号『平成の蒸気機関車たちを訪ねて』第28回 | トップページ | むかし撮った記録1996.05市倉ファーム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570203/64907953

この記事へのトラックバック一覧です: むかし撮った記録1992.01:

« 交通新聞社鉄道ダイヤ情報2017年3月号『平成の蒸気機関車たちを訪ねて』第28回 | トップページ | むかし撮った記録1996.05市倉ファーム »