« 泉北ライナーに乗車して | トップページ | 足尾駅の保存車両公開と連休のガソリンカー »

2017年4月18日 (火)

今年の一円電車

1704181
わたしの原点…
ともいうべき場所が兵庫県養父市大屋町にあります。
それは、世界有数のすず鉱山として栄えた明延鉱山です。
そこに走っていました“一円電車”が、近年になり保存運転
が始まったのはご存じの通り。
今年は、将来の助っ人機関車としてナローゲージ界?
でも一円電車と共に有名な、立山砂防工事専用軌道から、
5トンの北陸重機工業製DLが軌間610→762mmに改軌工事
され、新たに一円電車の保存運転線にやってきたようです。

その模様など、産経WESTにて掲載されました。

クレーンで登場 ディーゼル機関車
http://www.sankei.com/west/news/170401/wst1704010047-n1.html

今年の一円電車運行スタート 養父・旧明延鉱山
http://www.sankei.com/photo/story/news/170410/sty1704100009-n1.html

この保存運転線は一円電車・明延線というもので
地域の住民と、行政が一体となって、
ひじょうに良い状況で、活動している保存鉄道です。
他の保存鉄道と比べても、かなりレベルが高い
動態保存一円電車ですが、それを知らない方々
(知りたくもない)も居て、少々残念です。
いま、保存運転線の距離は約70mと短いですが、
将来的にはもっと長い線路を予定しているとのことで、
新しく加わった5トンDLも含めた活躍が期待されています。

|

« 泉北ライナーに乗車して | トップページ | 足尾駅の保存車両公開と連休のガソリンカー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570203/65165653

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の一円電車:

« 泉北ライナーに乗車して | トップページ | 足尾駅の保存車両公開と連休のガソリンカー »