« 2018.02.02近況 | トップページ | 京阪電車でプレミアムなひととき »

2018年2月 8日 (木)

熱い国に行った思い出

 寒い日々が続き、メタボな体形でも堪える日々が続いています。
 そんなとき、いまから約15年以上のむかし。年に2~3回は“常夏の国”インドネシアに通っていたことを思い出しました。
 目的はもちろん、製糖工場のナローなSLたちですが、それ以外にも文化や食事、車に建物と雑貨類(とくに玩具!!)などの異国の珍しいものに興味をひかれました。
01
▲あちらの焼きそば…「ミーゴレン」という定番料理。意外にホテルなどよりも街中にあるすこしきたな…そうなお店の方が美味しい場合が多々ありました
02
▲ジャカルタ市内のショッピングセンター内の玩具売り場にて。おもちゃ鉄道の宝の山に興奮したり
03
▲大きな鉄道系玩具ですが、いろいろと問題がありそうなモノ(^_^;)だったり
041
042
▲たまたま立ち寄った木工品店で見つけた木製のアメリカン風SL。すこし変なところもありますが、ロッド類(逆転機)が動くギミックでした
05
▲ジャカルタ・コタ駅に行った理由は
060103
▲まだインドネシアに行ったばかりの頃の元都営6000系を見るためでした。2001年8月
07
▲ソロ駅構内はずれで見つけた三軸貨車
051802080108
▲でも、やはり目が行くのが“せんろ”です。インドネシア国鉄は軌間1067mmですが、この頃はバックゲージなど日本とは違ってました
080208
▲スンボロ製糖工場のコッペル製の無火機関車2号機。軌間700mmにて1928年製造。2001年8月
090208
▲かなり大改造されていますが、スラギ製糖工場の15号機は1900年製のドコービル。2002年8月
100208
▲スンボロ製糖工場の機関庫内には、休車・廃車になったSLたちが詰め込まれていました。2001年8月

 寒さしのぎで、いろいろと“アツい国”を思い出してみましたが、インドネシア・ジャワ島の製糖工場SLを求めて通っていた頃は、撮影だけではなく別の目的もありました。機会があれば、またいつか。

|

« 2018.02.02近況 | トップページ | 京阪電車でプレミアムなひととき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570203/66372169

この記事へのトラックバック一覧です: 熱い国に行った思い出:

« 2018.02.02近況 | トップページ | 京阪電車でプレミアムなひととき »