« 消散軌道風景Vol.02発売記念特集 こぼれ話その17 | トップページ | むかし撮った記録1980(昭和55)年5月の東急電鉄 »

2020年5月21日 (木)

イカロス出版 Jトレイン Vol.78【消散軌道風景】第57回

 20052101
 イカロス出版発行の季刊誌Jトレインにて、【消散軌道風景】という連載記事を担当させて頂いております。

 さて今回は、関西では有名なナローゲージライン

🌸 「究極の桜谷軽便鉄道を訪ねて」 🌸

を、ご案内しています。 

20052102  
△風の峠駅に入ってくる同鉄道主力編成のひとつ「10号木造電車」+「ホ ハ150」の試運転列車。車両の中に乗って運転する…すでに鉄道模型を超えた“本物鉄道”の世界が広がっている。

20052103   
△同鉄道の拠点である風の峠駅より発車する列車。桜谷駅に向かうのは越後交通栃尾線のELを縮小した「電気機関車ED51号機」を先頭に、ア ーチバー風台車を履いたデッキのある軽便鉄道風客車「ホハ7」と「 ホハ8」という客車2両の3両1編成。ご覧のとおり、桜谷軽便鉄道は失われしナローゲージやローカル私鉄のイメージを残す活動をしているので“保存鉄道”と言い切っても良いだろう。

 世界実用最小の線路幅である軌間381mm(15インチゲージ)を採用し個人鉄道を実現した桜谷軽便鉄道は、全国の「俺なりの鉄道!!」の実現を夢みる人々に大きな希望と勇気をあたえたもので、本家・家元といえる大きな存在です。

詳しくは、イカロス出版JトレインVol.78
ご購入頂ければ幸いですm(_ _)m  

|

« 消散軌道風景Vol.02発売記念特集 こぼれ話その17 | トップページ | むかし撮った記録1980(昭和55)年5月の東急電鉄 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。